《韓国で大論争》BTS“兵役免除”はどうなる? JINは「兵役は当然の義務だ」と明言

2020.10.18

《韓国で大論争》BTS“兵役免除”はどうなる? JINは「兵役は当然の義務だ」と明言 はコメントを受け付けていません

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/17(土) 17:29:12.01 ID:CAP_USER
 時価総額は1兆円――。韓国の人気グループBTSの所属事務所「ビッグヒットエンターテインメント」が、10月15日に韓国取引所に株式を上場し、株価はいきなり急騰。ほかのK-POPグループが所属する大手事務所を一気に引き離した。

 9月に米ビルボード「ホット100」で2週連続1位を記録したことに続く快挙だが、韓国のエンターテインメント界を担う23歳から27歳のメンバー7人に持ち上がっているのが、入隊期限の迫る「兵役」をめぐる問題だ。

 韓国の兵役法では、原則28歳までの入隊が求められているが、BTSで最年長のJINは1992年12月4日生まれ。今年12月で28歳となる。いま韓国社会では、彼らの兵役の免除や延期の是非をめぐって大論争になっているのだ。

◆K-POPは兵役特例の範囲外

 韓国では兵役法によって韓国国籍の男性なら誰でも兵役の義務を遂行しなければならない。ただし、次のような場合は、兵役特例法により兵役免除を受けることができる。

1. 身体条件不適合者
2. 疾病、障害を持つ者
3. 生計困難者
4. トランスジェンダー
5. 孤児
6. メダリスト

 このうち、「6. メダリスト」は、スポーツ選手のほか、美術、音楽、舞踊などの芸術分野で「国威発揚」をした人々に対する褒賞の概念だ。具体的には、五輪の銅メダル以上、アジア大会の金メダル、国際コンクールで1、2位の入賞者が該当する。この兵役特例法が制定されたのは40年以上前の1973年。すでに現在では「国威発揚」という概念は、K-POPなど大衆文化にまで拡大しているが、対応しきれていない。

◆「BTSメンバーが兵役免除を要求」のデマも

 BTSの兵役問題をめぐっては、これまでも紆余曲折があった。

 この問題が注目を浴び始めたのは、BTSのアルバムが2枚連続でビルボード・アルバム・チャートでトップを獲得し、世界的な人気が裏付けられた2018年のことだった。

 当時、真っ先にBTSの兵役特例法の適用に触れたのは、野党「正しい未来党」(現・国民の力)の河泰慶(ハ・テギョン)議員だった。彼は国会の国防委員会で、次のように指摘した。

「バイオリンやピアノなどのクラシック音楽のコンクールで1位になれば兵役特例がもらえるが、大衆音楽でビルボード1位になっても兵役特例はもらえない。BTSのような大衆音楽界の世界1位は、なぜ兵役免除を受けられないのか。今の目線に合わせて(兵役特例法は)改正される必要がある」

 しかし、この発言はネットユーザーの間で兵役の「公平性」をめぐる論争となる。ネット上では、「BTSメンバーやファンが兵役免除を要求している」という根拠のないデマが広がったのだ。

 これに怒ったBTSのファンクラブ「ARMY」は、「BTSのメンバーやファンは誰も、現在の兵役特例法に不満を表したことはない。政治的目的でBTSを利用するな」と激しく反発。河議員も謝罪に追い込まれた。

 2019年には、U-20ワールドカップサッカー大会で韓国代表が、史上最高の準優勝という成績を収めると、政界では代表チームの活躍した選手に兵役免除特典を与えるべきだと主張。BTSに対しても、特例を求める声が再び上がった。

 しかしこの時、政府の「兵役特例改善案のためのタスクフォース」が出した結論は、その声とは正反対に、兵役免除特典の適用対象を徐々に狭めていく方針が打ち出された。というのも、社会的公平性だけでなく、急速な出生率低下の影響による“人員不足”が懸念されたのだ。

(続く)

金 敬哲/Webオリジナル(特集班)

文春オンライン 10/17(土) 17:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a75d11f586fa40cf425a74c1935995d3860cf0c

BTSのメンバーの「兵役特例」問題は現地でどう報じられているのか ©?AFLO
no title


続きを読む

Source: かたすみ速報

関連記事

コメントは利用できません。

更新情報

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

RSS