【韓国】昨年、韓国50大企業の営業利益61%急落

1: 動物園φ ★ 2020/05/23(土) 04:57:32.01 ID:CAP_USER
kr250
 
昨年、韓国50大企業の営業利益61%急落

50大企業の売上合計も前年より減少
50大企業のうち30社が売上減少

(ソウル=聯合ニュース)キム・ヨンシン記者=韓国の売上高上位50大企業の昨年の営業利益総額が、前年より60%以上減少したことが分かった。

また、50大企業のうち30社の売上が減少し、50大企業の売上総額も3年ぶりに減少に転じた。

21日、組織開発専門会社の持続成長研究所(代表シン・ギョンス)が企業分析専門の韓国CXO研究所に依頼して分析した結果によると、昨年の50大企業の売上は830兆9000億ウォンだった。 分析対象期間中、最も早い1984年と比べると21.6倍成長したものだが、直前よりは34兆5000億ウォン、4.3%減少した。

上位50社の売上総額は2011年に初めて800兆ウォン台(801兆2000億ウォン)に達したが、2012年からマイナスに転じた。

17年に増加傾向に転じ、2年連続小幅の成長が続いたが、昨年再び減少した。

昨年、50大企業のうち前年より売上が減少した企業は60%の30社に達した。 大宇建設、大林産業、GS建設など大型建設会社の売上が前年より約20%ずつ一斉に減少した。

SKハイニックスは1年間の売り上げが40兆3000億ウォンから25兆3000億ウォンへと37.2%落ち込み、調査対象企業の中で最も大きな下げ幅を記録した。

これと違ってHDC、現代産業開発など一部の企業は売上高が大きく成長して売上上位4~8位を記録、50大企業に入った。

HDC現代産業開発は外注住宅事業の好調で売り上げが2兆7935億ウォンから4兆2111億ウォンへと50.7%増加した。

このほか、ホテル新羅(4兆5677億ウォン)、LG生活健康(4兆5370億ウォン)もそれぞれ45位、46位と50大企業に新たに含まれた。

逆に韓国造船海洋(32位→54位)、SKガス(46位→79位)、斗山重工業(50位→53位)の3社は50位以下に落ちた。

1984年から昨年まで、36年連続売上げ50位に入った企業は、三星電子、現代自動車、LG電子、LG化学、サムスン物産、大韓航空、現代建設、大林産業の8社だ。

上場時期が1984年以後であるポスコと韓国電力公社も上場以後から30年以上売上50位に入っている。

昨年の売上高50大企業の営業利益は、前年より61%減少した87兆7000億ウォン規模と調査された。

サムスン電子とSKハイニックスが半導体業況の不況で打撃を受けた影響だ。

シン・ギョンス代表は「韓国経済を代表する大企業の売上と営業内容が下落している状況でコロナ危機まで迎えた」とし「生存のために大企業が事業・人材構造調整、費用削減に乗り出す」と予想した。

今回の調査は1984年から昨年にかけて、売上上位50の上場会社を対象に実施した。 金融会社と持ち株会社は除外し、売上などは別途(個別)財務諸表基準だ。

NAVER(韓国語)
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?rankingType=popular_day&oid=001&aid=0011623462&date=20200521&type=1&rankingSectionId=101&rankingSeq=22


続きを読む

Source: かたすみ速報

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

更新情報

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

RSS